山下智久ルート66の旅
■ はじめに…
 2012年1月2日から全12回に渡り,日本テレビで放送された,山ぴーこと山下智久のルート66の旅の道程を追ったリポートになります。
 DVD用の足取りは後日別途作製の予定です。
 現在,DVDの1枚目のみを10回以上繰り返し観ましたが,テレビ版では紹介されていなかった未収録シーンが数多く収録されておりました。
 その反面テレビのシーンでカットされている場面もあったのは,山ぴーファンとしては少々納得のいかないところでは無かったのではないでしょうか?
 山ぴーの買い物した商品や宿泊した宿,立ち寄ったランドマークなど,山ぴーの旅を通じて,足取りを追ってみたいと思われた方の,少しでも役に立つよう,できる限り詳細にリポートしていきたいと思います。

 肖像権・著作権の都合上,写真は私個人の物を使用させていただいておりますので,お手持ちのビデオと見比べてお楽しみ下さい。
 私の知る範囲で,できる限り忠実に山ぴーの足取りを追っていきますが,放送時間の都合上カットされていそうな場所(山ぴーが立ち寄ったであろうと思われるルート66のランドマークや旅される方に立ち寄っていただきたい場所)も折り込んで行きます。
 番組では2日目のルート66の旅が始まるところを1日目としていますが,ここでは,シカゴに着いた日から換算しておりますので,番組のキャプションとは1日のづれがあります。

 山ぴーが今回の旅で手にしたルート66グッズの買い付けをして来ました。ご閲覧・ご購入ご希望の方は下記リンク先へアクセスしお問い合わせ下さい。
    山下智久ルート66関連グッズ詳細要項はこちら→


■ 第1回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★プロローグ

 出発前の空港でのインタビューでルート66への想いや,リリーフランキーとのバーでの会話(旅行後の感想などの話)から始まったプログラムは,男の夢や貴重な体験が語られていて,興味深いものでした。

★初日
 ルート66のスタート地点であり,エンド地点でもあるイリノイ州のシカゴに到着,電車で相棒となる足を探しに行くところから始まり,ショッピング,そして,ホテル泊で初日の旅は終わる。

★2日目(ルート66出発から1日目)
 レストランで朝食をとり,いよいよ,ルート66の旧スタート地点から旅がはじまったところで,To be continued.......

■ 第2回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★2日目(ルート66出発から1日目)

 イリノイ州のシカゴを出発し,ミズリー州のセントルイスへ到着するまでの道のり。
 セントルイスのライブハウスで1:00AMまで夜更かししたところで,To be continued......

■ 第3回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★3日目(ルート66出発から2日目)

 イリノイ州シカゴのホテルを出発し,ガス欠を気にしながらの旅。ジョプリンの宿で,To be continued......

■ 第4回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★4日目(ルート66出発から3日目)

 ミズリー州のセントルイスを出発し,カンザス州,オクラホマ州と州越えをし,オクラホマシティーのベスト・ウエスタン・ホテルへ宿泊。
 セントルイスのライブハウスで1:00AMまで夜更かし。

★5日目(ルート66出発から4日目)

 オクラホマシティーのベスト・ウエスタン・ホテルを出発したところで,To be continued......。

■ 第5回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★5日目(ルート66出発から4日目)

 オクラホマシティーのベスト・ウエスタン・ホテルを出発。博物館を見物して,オクラホマ州とテキサス州の州境を越え,有名なステーキハウスでディナー&宿泊。

★6日目(ルート66出発から5日目)

 ビッグ・テキサン・モーテルを出発したところで,To be continued......。

■ 第6回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★6日目(ルート66出発から5日目)

 ビッグ・テキサン・モーテルを出発しカーボーイらしいファッションにするため,テキサスで有名なウエスタン・ショップ“Cavender's Boot City”で買い物をし,牧場へ行き乗馬の練習。

★7日目(ルート66出発から6日目)

 この日も乗馬の練習をしに牧場へ行き1日過ごし,ルート66の旅を再開するところで,To be continued......。

■ 第7回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★7日目(ルート66出発から6日目)

 全長約3,800kmといわれるルート66の中間地点テキサス州エイドリアンにある「ミッドポイント」へ向かい,ニューメキシコ州のサンタローザという街で宿をとる。

★8日目(ルート66出発から7日目)

 憧れの街「サンタフェ」へ行き,インディアンジュエリーなどを買い物し,ギャラップという街へ向かい,楽しみにしていた「エルランチョ・モーテル」で宿をとる。

★9日目(ルート66出発から8日目)

 急遽ルート66の旅を一休みし,サンライズとサンセットの美しい「モニュメントバレー」へ立ち寄ることにし,一路モニュメントバレーへ向かうところで,To be continued......。

■ 第8回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★9日目(ルート66出発から8日目)

 ニューメキシコ州のギャラップからルート66を外れ,一路モニュメントバレーへ。
 ナバホ族のインディアンと出会い,インディアンの聖地モニュメントバレーの素晴らしい景色を堪能し,彼らの住居で宿泊

★10日目(ルート66出発から9日目)

 早起きし,モニュメントバレーのサンライズを堪能し,ルート66の旅へ戻るため車を走らせるところで,To be continued......。

■ 第9回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★10日目(ルート66出発から9日目)

 モニュメントバレーからルート66へ戻る途中で洗車をし,アリゾナ州のウイリアムスへ。

★11日目(ルート66出発から10日目)

 ブレックファーストをとったレストランで知り合ったハーレー乗りのバイカー二人組とランデブー走行をしながら次の目的地へ向かうところで,To be continued......。

■ 第10回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★11日目(ルート66出発から10日目)

 アリゾナ州のウイリアムスからルート66を外れグランドキャニオンへ。
 その後,ルート66一番人気のランドマークであるセリグマンへ行き,その夜はキングマンのモーテルで宿をとったところで,To be continued......。

■ 第11回放送(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★12日目(ルート66出発から11日目)

 アリゾナ州のキングマンから西部劇の街オートマンへ行き,西部劇ショーに参加し,カリフォルニア州のニードルズで最後の宿をとるところで,To be continued......。

■ 第12回放送・最終回(山ぴーの足取り詳細はこちら→)
★13日目(ルート66出発から12日目)

 カリフォルニア州ニードルズを出発し,ルート66の終点「サンタモニカ」へ向かい,この旅もいよいよ終了!! 最後のルート66走破の感慨深い言葉が印象的でした。

★これを持ちまして,「YAMASHITA TOMOHISA ROUTE66 たった一人のアメリカ」テレビ偏は終了です。DVD販売後,更に詳しく,山ぴーの足跡を追ったリポートを更新していく予定ですので,今後とも宜しくお願い致します。6月にルート66へ行き,更に山ぴー関連の写真を撮って来る予定ですのでお楽しみに!!

 では,また(^^)/

ウインドウを閉じる


写真と白い文字(マウスオーバーすると文字が赤く変わる)はGoogle Mapや詳細サイトへリンクされています。
Google Mapはクリック後の表示に時間がかかることがありますので,気長にお待ち下さい。場所によってはその付近までの表示しかできない場合がありますので,その場合は根気よく付近を探索して下さい。
Google Map上の位置には個人的な思い込みなどもあります。ご理解の上ご利用下さい。