インディアンと種族マップ

種族マップ
★ 画像をクリックすると拡大画像が表れます。(文字が見にくい場合は拡大しご覧下さい。)
INDIAN の国アメリカ
■ 本当の被害者は…
 ご存知のとおり,もともとアメリカという国はIndianが先住民でした。上の分布地図を見ると,改めて,Indian の国だったということが認識されます。移住民に迫害され闘うことにより,一般的には凶暴性や残忍性がクローズアップされがちですが,本当の被害者は彼ら Native American なのだと思われます。
 右の写真は有名なインディアン「ジェロニモ」です。一般的には残酷なインディアンの代表として知れ渡っているようですが,白人の迫害を受け最後まで抵抗し続けた勇気ある戦士です。
 アリゾナ州へ行きインターステイト40号を走っていると彼の名前を付けられたお店を見ることができます。インディアンジュエリーやインディアンの関連雑貨が沢山置いてあるので,是非寄って見て下さい。面白いですよ(^^)

■ INDIAN の居留地について
 インディアンジュエリーで有名な Native American は主にアリゾナ州とニューメキシコ州に居留地(リザベーション)があり国で保護されています。オクラホマ州やコロラド州など他の州にも多くの Native American が住んでいますが,ここでは割愛させていただきます。
 居留地内では,カメラやビデオでの撮影は一切禁止となっています。これから現地へ訪れようという方は,彼等の生活環境内を土足で踏みにじるような行動は慎むようお願いいたします。このような行動は犯罪行為となりますので,充分な注意が必要です。
 今も尚,ホーガンと呼ばれる土でできたカマクラのような家に住み,電気・水道の無い暮らしをしている方たちもいます。写真は移動民族であった彼等の家 Teepee(ティピー)です。
■ インディアンシティの魅力
 インディアンシティへ行くと,まず,目を引くのがビュートとメサです。砂漠の中にたたずむビュート(山のように大きな独特な岩)は映画のワンシーンのようで,メサ(右写真のようにビュートの上が平になっていて,インディアンなどが住んでいたりする巨大な岩)にはまるで,馬に乗ったインディアンが上からこちらを見下ろしているのでは無いかと想像が膨らんでしまいます。
 そして,街に建ち並ぶアドビーハウス(上の写真のメサの上の建物)は何とも言えない情緒があり,素晴らしいのひと言に尽きます。今では街中でホーガンに住む人はいません(多分…)が,納屋として使っている家庭はあります。
 是非,現地へ訪れてその素晴らしさを体感して下さい !!
 

ウインドウを閉じる