自分自身でワイモバイルとWiMAXという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ…。

ポケットWiFiというのは、ひと月の間に使うことができる通信量や電波の種類が異なったりするので、使い方によってその人にフィットするモバイルWiFiルーターも違うのが普通です。
DoCoMoだったりY!mobileだとしたら、3日間で1GBを超えてしまうと、規定された期間速度制限が行われることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)であれば、そういった制限は規定されていません。
YモバイルもしくはDoCoMoにおいて決められている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBという通信量はPCなどで動画を見ると2時間程で達してしまうことになり、そのタイミングで速度制限が実施されてしまいます。
自分自身でワイモバイルとWiMAXという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、上位機種に関する下り最大速度以外のほぼ全部の項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。
モバイルWiFiを持つなら、可能な限り支出をセーブしたいと考えるはずです。料金に関しては月極めで支払うことになりますから、たとえ数百円程の差だったとしましても、年間ということになりますと結構違ってきます。

「WiMAXを買うつもりだけど、モバイル通信可能エリア内か否かがわからない。」という人は、15日間の無料トライアル期間がありますから、そのお試し期間を進んで利用して、現実に使用してみた方が後悔しなくて済みます。
出先とか自分の家でWiFiを利用したいと考えているなら、モバイルWiFiルーターが必要です。人気のある2機種であるワイモバイルとWiMAXを細部に亘るまで比較しましたので、モバイルWiFiルーターが欲しいという場合は、参考にしてみてください。
「モバイルWiFiの内、高速&無制限モバイル通信ということで有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルブランドのポケットWiFiのいずれにした方がお得か迷ってしまっている。」と言われる方の為に、双方を比較してお見せしたいと思います。
Y!mobileあるいはドコモに存在する速度制限が行われることになりますと、下り速度が128kbpsにまでダウンされることになるのですが、この速度ということになりますと、少し長めのウェブサイトのトップページを表示させるというだけで、30秒前後は待つことになります。
「ポケットWiFi」と言いますのは、ワイモバイルが世に提供しているWiFi用の端末のことであって、はっきり言って外にいてもネットができるモバイルWiFi用端末すべてを指すものじゃなかったのです。

WiMAXの通信サービスエリアは、地道に時間を使って拡充されてきたのです。今では市中は当然として、地下鉄の駅などもほとんど通じないということがない水準にまでになったのです。
WiMAXのギガ放題プランにつきましては、データ通信量が3日で3GBを超えるようなことがあると速度制限が実施されることになりますが、そうだとしてもかなりの速さはありますから、速度制限にビクビクすることは不要だと言えます。
「WiMAX又はWiMAX2+を申し込むつもりだ」とおっしゃる方に注意してほしいのは、きちんとプロバイダーを比較するということをしないと、2万円から3万円位は損しますよということです。
ワイモバイルが市場展開しているポケットWiFiは、規定されたパケット通信量を越えてしまいますと速度制限が実施されることになります。なお速度制限が為されることになる通信量は、買い求める端末毎に決まっているのです。
WiMAXの通信提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公にされています。東京都内23区は言うに及ばず、日本各地の県庁所在地などにおいては、何の支障もなく通信サービスを受けることができると思っていただいていいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP